デュタスとジェネリック

複数の試験管

今回オススメしているAGA治療薬の最大の魅力であるといえるのが、デュタスの医療薬としての在り方にあります。最新技術で開発された『ジェネリック』と言われる治療薬の特徴と、購入者との関係性をみてみましょう。

ジェネリック医薬品が導入された背景には、国家との深い問題が関係しているのです。それは『医療費』。国民健康保険などの保険料や、税金などから成りお立っている医療費ですが、医療費のおよそ三割を占めているのが「医薬品」だと言われています。現在少子化により、医療費の徴収とその負担のバランスが崩れてっているため、うまく保険料や税金では補えなくなっているのです。その様な負担を軽減すべく導入されたのがジェネリック医薬品なのです。

医薬品には大きく二つに分類され、様々な病状に対応するため日々研究を重ね開発された『先発薬』と、その先発薬の特許期限が切れたことでその有効成分を用いて新たな薬を生み出す、『後発薬』です。前者は長い歳月と膨大な研究費用を掛けて創り上げるため、薬として販売する時の価格がどうしても高くなってしまます。対して後者は、特許の切れた薬の有効成分をそのまま用いて、薬の外装などを変え販売されるので前者のデメリットを補えるのです。

つまり後者が「ジェネリック医薬品」であり、先発薬と同じ効果・効能を備えながら、先発薬に比べて安い値段で医薬品を手にすることが出来る、新しい薬の「カタチ」といえるでしょう。

現在、日本でのジェネリック医薬品の普及率はおよそ7割。欧米の9割比べて差は縮まってきてはいますが、認知度は低いといえるしょう。病院で処方される場合も、その種類は明かされない事が原因であると考えられます。

Copyright(c) 2018 AGAに悩む男性へ。初心者のためのデュタス通販のすすめ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com